Text Size :  A A A
|  Top  |  Diary  |  Products  |  Profile  |  Contact  |

ワークデスク

Img_f44e1a8bde9e83e219f6102fa7aaed0f
Img_169749dba047cee1c859021e4e3cb74a
Img_395077a348de822e76fa1a81a8d0bb18
小さめのワークデスクです。
必要なものだけを収納する引出しを2段だけ
にして下に空間をつくることで
実際に座る幅は600㎜と広くはないですが
つま先をあてたりせずに
あまり狭さを感じずに座れます。


・サイズ 幅1075㎜ 奥行460㎜ 高さ720㎜
・材料  タモ
・塗装  ドイツリボス社 クリアーオイル
・価格  120,000円(税込)
       (展示室にてご覧いただけます)
      

ご希望のサイズ、材料(ナラ、ヒノキ、タモ、ブナなど)にて製作可能です。
お気軽にお問い合わせください。
見積もりさせていただきます。





 

●組み合わせテーブル

軽い座卓とコーヒーテーブルをという
ご依頼でした。
出来るだけ軽く、との希望でしたので
スギを使うことになりましたが、
軽いということは柔らかいということでもあり
どうしても傷がつきやすいので、
うづくり仕上げを提案しました。


うづくりとは桐や杉の針葉樹の、
夏目(白くて柔らかいところ)を削って、
冬目(色の濃い、年輪の筋に見えるところ)
を浮き上がらせる表面仕上げです。
昔ながらの道具を使います。

写真下の左からカルカヤ(荒目)、ツゲ(細目)、
馬毛(極細目)を束ねたものを順に使って、
仕上げていきます。

塗装はドイツリボス社のカラーオイルを
使いました。
Img_3b190a19eab934c7ecab2369de925246
Img_228df6809f729fabc6fe44a1777981aa
Img_284e8014a0d9c8ed0ed74e73ec52e3f4

学習机

Img_fc382ed04601f13def238484719e7f16
Img_c39aa37fbf35f163827aa8031be381c7
Img_382e665dccb20211337a6953e5e76f55





この H.P を見て、オーダーしていただきました。

今回は天板の材料に桜材を使いました。

天板と足は「蟻組み」といって、天板のウラに黒い埋め木の形の溝を

掘り込み、足の上にその形の出っ張りをつくり、前からスライドさせて

組み合わせています。







バーテーブル

じないまちでギャラリーをされていたTさんのご注文で製作しました。天板はけやき、足はひのきをつかいました。下の部分はワインラックとなり、それぞれ8本ずつ収納できます。ワインの首ののっている部分は3ミリの板を6枚重ねて、型にそわせて貼り合わせました。土間の壁ぎわに置いてバーテーブルとしたり、2つ合わせて円卓にもなります。
(*現在は寺内町 classico でご覧いただけます)
Img_b4dd5c7e0b6c6ea13ac4e6949f0e5293
Img_25e8398d5f01dac7988cf1366281e45b
Img_3745a68f192d6890456e7dbee274e003